接阻峡温泉会館で日帰り温泉と昼食!泉質や入浴料金について

接阻峡温泉会館温泉

3月の中旬に日帰りで行った、寸又峡の夢の吊り橋~奥大井湖上駅の観光。

当初の目論見が外れ、目的のひとつであった寸又峡温泉には入れず、代わりにどこかの温泉に!と思って入ったのが接阻峡温泉でした。

そもそも接阻峡温泉という名前も知らなかった温泉でしたが、入ってみたら結構良いお湯で、温泉好きな人は気にいる人も多いのではと思える温泉でした。

また、田舎の温泉らしく、素朴で大雑把な感じがたまらなく良い感じでしたので、接阻峡温泉会館に入った話を綴ってみます。

接阻峡温泉会館「せっその湯」に行ってみた

本当は寸又峡温泉に入る予定が、ちょっとした失敗で入れずじまい。

そのため、急遽ほかに入れる温泉が無いかと探して見つけたのが接阻峡温泉。

今回の旅の目的地のひとつ、奥大井湖上駅からも近くて、調べてみると「若返りの湯」と言われる良質なお湯との事でさっそく向かいます。

田舎の温泉らしく、民家が数件ある集落の中の日帰り温泉施設でした。

入ってみると、こじんまりとした受付と券売機。地元の名産が並んで、いかにもな雰囲気がテンションを上げてくれます。

接阻峡温泉会館の入り口

接阻峡温泉会館の入り口

脱衣所もシンプルです。洗面がふたつに鍵付き無料ロッカーもあります。

ロッカーは12人分ですが鍵が付いてないロッカーがあるのは田舎温泉のあるあるです。

ドライヤーもひとつ置いてありました。

せっその湯の脱衣場

せっその湯の脱衣場

お風呂は内湯だけの小さな温泉ですが、7つのカラン、シャンプーとボディソープも備え付けです。

確かに、透明なお湯は少しヌメりのある、いかにも温泉らしいお湯

熱すぎずぬる過ぎず、ちょどいい温度のお湯が体を温めてくれます。芯から温まり、さっぱりポカポカになりました。

せっその湯の内湯
お風呂は内湯のみ

平日の昼間だからなのか、ほとんど貸切状態。ゆっくり温泉を堪能できました。

接阻峡温泉の泉質と料金や営業時間

あとあと調べてみると、源泉や泉質は以下の通りだそうです。

  • 源泉:接岨峡3号泉
  • 泉質:ナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉
  • 効能:胃腸疾患、リュウマチ、神経痛、痛風、火傷、皮膚病、創傷など

入浴料はリーズナブルでした。

日帰り入浴:大人500円、小人300円

2階に休憩所があり、利用するには別途200円掛かります。

営業時間は午前10時~午後8時迄で木曜日が定休日だそうです。

営業時間
営業時間

アバウトな昼食付プラン

この日は朝早くから寸又峡(夢の吊り橋)~長島ダム~奥大井湖上駅と回って観光を堪能して、気が付けば昼食を食べていませんでした。

温泉会館の隣には食堂が隣接されていたので、ちょうど良いと思い食事も済ます事に。

券売機のメニュー以外にも定食メニューなどがたくさん壁に貼ってあるので、迷いながら見ていると受付のおばちゃんから「今日は大したもん作れないよ~」との一言が。

券売機
券売機のメニューは多いけど、ほとんど無いとの一言。

「そばかうどんくらいしかできないよ」

「お風呂は入るの?」

「だったら昼食プランにしたら?うどんかそばに天ぷらとごはん付けてあげるよ」

「お風呂先に入るかい?ごはん先に食べる?」

まるで田舎に里帰りした感覚に陥ります。

結局、おばちゃんの愛嬌の良さに乗って、昼食プランで食事とお風呂で1,150円でお願いしました。

昼食プラン
その時にあるもので作ってくれた昼食

冷たいおそばに白いご飯が付いてくるのがいかにもです。てんぷらはその場で揚げてくれました。

人情味あふれる田舎の地域の温泉施設で、こういうのが好きな人にはおすすめの日帰り温泉です。

接阻峡温泉会館へのアクセス

今回は、車での工程でしたので、奥大井湖上駅から県道388号線を井川方面に走る事2~3㎞弱、5分くらいで着きます。

温泉会館の道を挟んだ先に、無料の駐車場があり、十数台は停められます。

大井川鐡道井川線の「接阻峡温泉駅」からは、歩いて10分くらいです。

接阻峡温泉駅
ローカルな駅。ここから歩くと10分くらい。

おわりに

温泉好きとしては、出かけた先で温泉はどうしても入りたいという衝動を抑えられず、急遽探して入ったのが今回の接阻峡温泉です。

有名な温泉でもなければ、大きな露店風呂があるわけでもないですが、お湯は良くローカルな温泉が好きな方にはおすすめの温泉でした。

奥大井の観光の際には立ち寄ってみると良いかもしれません!

※本記事を参考にされる時には、記載時と変わっている事もあるかもしれませんので、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました