山形の秘湯【姥湯温泉】!絶景の混浴露天を日帰りで堪能してきた

山形の秘湯【姥湯温泉】!絶景の混浴露天を日帰りで堪能してきた温泉

秘湯という言葉には、とことん弱い。

山形には、「米沢八湯」という個性的な温泉があり、その中の「姥湯(うばゆ)」温泉は秘湯としても名高い温泉だとか。

これは一度は行かねばと。

山形の姥湯温泉に入ってきたことについて綴っています。

姥湯温泉ってどんな温泉?

山形県も豊富な温泉で有名な都道府県ですよね。

蔵王温泉に、銀山温泉に、天童温泉・・・。

また、米沢市には「米沢八湯」という八つの温泉が湧いているそうです。

その中のひとつが姥湯温泉

福島の県境に近い、標高1,300mの高地にあって、一軒宿の「桝形屋」さんが営む温泉です。

混浴と女性専用の露天岩風呂が有名で、日帰りの利用も可。

温泉までの道中はけっして楽ではありませんが、絶景を見ながらの露天に浸かれば、来て良かったと思う事は間違いないでしょう。

激おすすめです!

姥湯温泉の泉質は?

姥湯温泉の泉質

姥湯温泉は単純酸性硫黄泉。

乳白色のお湯は、いかにも温泉感がたっぷりで、見た目でも楽しませてくれます。

もちろん、お湯の方も凄くいい感じです。

硫黄泉らしく、独特の卵臭が気分を盛り上げてくれます。

飲めるかはわかりませんが、少し舐めてみると・・・なるほど酸性。酸味が鼻の奥を刺激します。酸っぱ苦い。不味い。笑

厳選かけ流しとの事で、加温・加水はありません。

ただ、源泉51℃との事ですが、実際に入ってみるとちょうど良い温度です。

本当に良いお湯でした!

源泉姥湯源泉
泉質単純酸性硫黄泉
効能慢性胃腸病・湿疹・神経痛など
泉温源泉温度:51℃

姥湯温泉に行ってきた

標高1,300mの山奥と言うだけあって、行くまでは少々大変。アクセスは決して便利ではないです。

ただ、車で行けますので、絶望的な秘境というわけではありません。

それでも、道中は急坂&ヘアピンカーブと坂やカーブの連続。

運転に自信のない方は、運転の上手い人に連れて行ってもらいましょう。

姥湯温泉の道中で有名なのが「スイッチバック」

あまりの急なカーブで、昔は車を切り返しながら行かないと進めなかったという話です。

今では、多少の改修がされて、普通乗用車くらいであれば、そのまま進めます。

それでもかなりの急坂&カーブですが。(最大傾斜22度だそうです)

姥湯温泉駐車場

山道を抜けると、駐車場があります。

ただ、温泉や枡形屋さんの直前に停められるわけではなく、温泉まで250mの場所。

車を停めてから少し歩かないと行けないんですよね。

(宿の手前が登坂になっているので、40代運動不足には少々キツイ・・・)

でも、歩いている途中も景色は最高。

桝形屋さんが見えてくると、自然とテンションがあがってきます。

姥湯温泉の一軒旅館、桝形屋
桝形屋さんが見えてきます

今回は(今回も?)日帰りでの立ち寄り湯なので、入浴料をお支払いして、さっそくお風呂へ。

露天はふたつ。

混浴と女性専用の露店がありますが、時間ごとに入れ替わりになるようです。

露天は混浴と女性専用の交代制

さっそく着替えて、乳白色のお風呂へ。

前述の通り、硫黄の香りが立ち込めるお湯。

山の中のゴツゴツとした岩場にある温泉。

視線を遠くに置けば、まさに絶景。堪らないひとときです。

姥湯温泉に行ってきた

秘湯という名の温泉はたくさんありますが、名ばかりのところも沢山ありますよね。

ただ、姥湯温泉は本当に秘湯と呼べる温泉のひとつでした!

(宿泊ではないので、お宿の様子はわかりませんが)

姥湯温泉の基本情報・営業時間・入浴料

姥湯温泉は、温泉宿の「桝形屋」さんが営む温泉です。

姥湯温泉 桝形屋の基本情報
  • 住所:山形県米沢市大沢姥湯1
  • TEL:090-7797-5934
  • 公式HP:姥湯温泉

姥湯温泉の日帰り入浴時間と入浴料

日帰りでの入浴は、

  • 受付時間9:30~15:30
  • 露天風呂のみ(内湯は宿泊者だけ)
  • 日帰り入浴料:大人600円 子供300円

定休日は不定休なので、注意して下さい。

ちなみに、11月上旬~4月下旬は冬季休業になる(らしい?)です。

姥湯温泉へのアクセス・駐車場

車で行く場合

東北自動車道「福島飯坂I.C」より国道13号線「米沢方面へ」(約20分)≫米沢市板谷より山道14km(約40分)

インターから1時間ほどですが、山道が結構きつい道ですので、アクセスは決して楽ではありません。

ただ、行く価値はあると思いますよ!

【公共交通機関で行く場合】

JR奥羽本線「峠駅」下車。徒歩8㎞(※宿泊者の場合には、送迎もあるそうです)

日帰りだと、歩きですね。8㎞で2時間以上掛かるみたいです。

ちなみに、この峠駅もちょっとした観光地になっているみたい。

標高が626mと奥羽本線内で最も高い駅で、「駅舎」と「峠の力餅」が有名です。

時間があったら寄ってみると良いかも知れません。

姥湯温泉は米沢八湯のひとつ

冒頭でも触れましたが、姥湯温泉は米沢八湯のひとつです。

米沢八湯には、姥湯温泉のほかに

  • 小野川温泉
  • 白布温泉
  • 滑川温泉
  • 湯の沢温泉
  • 新高湯温泉
  • 五色温泉
  • 大平温泉

です。

今回はスケジュールの兼ね合いで、姥湯温泉だけしか行けなかったのですが、もしチャンスがあれば行ってみてはいかがでしょう。

詳しくは、米沢八湯のHPを見てみて下さい。

おわりに

秘湯と言うと、簡単に行く事ができない温泉がおおいのですが、姥湯温泉も確かにアクセスは楽ではありません。

道中が大変なぶん、感動も増すのかもしれませんね。

白濁したお湯に浸かりながら、山あいの景色を眺めている時間は本当に良い時間でした。

秘湯とはいえ、車でも行けますので、機会が有れば是非行ってみて下さい。

激おすすめです!

※本記事を参考にされる時には、記載時と変わっている事もあるかもしれませんので、有用性をご確認くださいますようお願い致します

コメント

タイトルとURLをコピーしました