重曹泉で有名な秩父の梵の湯で日帰り入浴!アクセスや入浴料・営業時間

秩父川端温泉梵の湯温泉

秩父には観光名所がたくさんありますが、温泉も沢山あります。

今回は関東屈指の重曹泉として有名な「梵の湯」で日帰り入浴を堪能してきました!

梵の湯に入った感想や、泉質、営業時間やアクセスについてご紹介!

梵の湯の泉質は?関東屈指の重曹泉!

梵の湯の温泉分析表の一部
梵の湯の温泉分析表の一部

梵の湯の泉質

源泉秩父川端温泉混合泉
(梵の湯1号井戸)(凡の湯2号井戸)
泉質ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉
(低張性、アルカリ性)
極めて高濃度の重曹を含んだ食塩泉
効能切り傷、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、
虚弱体質、アトピー系皮膚炎、神経痛、筋肉痛など

重曹泉とは、旧泉質名なのですが、正式には「ナトリウム・炭酸水素塩泉」と言うそうです。重曹(重炭酸ナトリウム)がたくさん含まれている温泉ってことですね。

重曹泉は、皮膚の表面や脂肪を分解して洗い流す作用があるので、皮膚系の炎症や疾患に効果があります。

また、皮膚を滑らかにする効果があり、入浴後はすっきりスベスベになるようで、重曹泉の温泉は「美人の湯」とされるところが多いみたいですね!

特にこの梵の湯は濃度が高いらしく、関東でも屈指の重曹泉だそうです!

梵の湯に入ってきた!

秩父川端温泉「梵の湯」
秩父川端温泉「梵の湯」

まっ昼間から温泉なんて、ぜいたく極まりないですね。梵の湯に到着です!

入り口にぶら下がる提灯が良い感じです。

梵の湯の入浴料金表

平日だと少しお安いみたいですね。タトゥーの方は残念ながら入れません・・・。

券売機で入浴券を購入したら、さっそく浴場へ向かいます。サイン色紙も沢山飾ってあったので、有名人や芸能人もお越しになった事があるのでしょうか?

梵の湯に来た有名人

館内は全て畳敷きでした。素足に畳って気持ち良いんですよね。

梵の湯の足元は畳敷きで気持ち良い

脱衣場はまぁまぁな広さがあります。ドライヤーや櫛も常備してあって、全く問題ありません。

受付の方にも言われたのですが、脱衣場のロッカーは有料です(100円)。

ただ、脱衣場の手前にあるロッカーは無料(100円が戻ってくるタイプ)なので、貴重品だけでも手前のロッカーに入れておけば、100円得しますね。笑

梵の湯の脱衣場
脱衣場

個人的には面倒なので、脱衣場のロッカーを使用しました。

いざ、入浴です!

浴場は「撮影禁止」で、すでに何人か入浴していたので写真はありません。

壁に貼ってあったこちらでイメージだけでも。もしくは、梵の湯さんもホームページで見てみてください!

梵の湯の内湯と露天のイメージ
梵の湯の内湯と露天のイメージ(笑

事前情報の通り、内湯のお湯はぬるぬるっとした感じで、いかにも温泉!という感じです。

温まっていると、芯から温かくなります。顔を拭うと、ヌルっとした感じが手に伝わってきて、非常に良い感じのお湯です!

なるほど、美人の湯、関東屈指の重曹泉と言うのもわかります。

露天風呂の方は、2種類の鉱石を使用しているとの事で清浄作用があるそうです。露天の床や石に汚れが付き難いのだそうです。

お湯の方は、若干、塩素臭がしました。露天風呂のお湯は、内湯とは違うようですね。内湯はお湯の質を楽しむ、露天は解放感を楽しむ、といったところでしょうか。

また、シャワーの勢いがちょっと弱めでしたね。

ただ、内湯のお湯は凄く良かったです!

梵の湯の休憩室から
休憩所のテラス

堪能した後には、休憩所でひとやすみ。すぐそばを流れる荒川からの風が気持ちよくて、昼寝してしまいそうでした~。

寄りませんでしたが、食事処や、岩盤浴、サウナなどもあるので、ゆっくりできると思います。

梵の湯の基本情報・営業時間や入浴料

≪秩父川端温泉 梵の湯≫

住所:埼玉県秩父市小柱309-1

電話:0494-62-0620

営業時間:午前9時~午後10時(土曜日は10時半まで)

定休日:年中無休

入浴料金:

 時間大人 
(中学生以上)
小学生 
(小学生~4才)
乳児
 (3才以下)
平日フリータイム770円520円310円
土・日
祝祭日
フリータイム1,050円730円520円
3時間未満880円620円420円
岩盤浴 ※予約制1回(30分)530円 (岩盤浴着含む)

※平日19:00以降の入館は100円引き

※岩盤浴は中学生以上のみ

梵の湯への行き方と駐車場

◆公共交通機関を利用する場合

秩父鉄道の「皆野駅」から約2㎞。徒歩なら25分ほど、タクシーなら10分弱ほど。

◆車の場合

関越自動車道 花園ICから国道140号~皆野秩父バイパス(有料道路)経由で約17㎞25分くらい

※花園ICから国道140号経由で有料道路を使わない場合は、約23㎞40分ほど。

梵の湯の駐車場
梵の湯の駐車場

駐車場は目の前に無料の駐車場があります。かなりの台数が停められますので、それほど心配は不要だと思います。

スプラッシュガーデンとスパ・ドッグスラン

梵の湯は、梵の湯ビレッジという総合施設の中にあります。

梵の湯のほかには、以下の二つの施設があります。

・スパドックスラン秩父

500坪の広大な敷地でのドックランと、ワンちゃん専用の温泉(凡の湯と同じお湯)があるようです。

・スプラッシュガーデン秩父

7000坪の敷地のオートキャンプ場。ペット同伴可能なバンガローやテントサイトがあり、レンタル用品も揃えているそうです。

温泉に入りに来るのも良いですが、「キャンプと温泉」とか「「ドッグランと温泉」などと言うように、セットで予定を立てるのも良いかもしれませんね。

おわりに

梵の湯は初めて行った温泉でしたが、内湯のお湯はとても良い感じでした。

また、たまたまなのか、それほど混雑もしていませんでした。食事処や休憩所などもあるので、家族でゆっくりと行くのも良いかも知れませんね。

もちろん、温泉を目的に行くのも良いでしょうし、秩父に遊びに行った時には、帰りに汗を流すのに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

※本記事を参考にされる時には、記載時と変わっている事もあるかもしれませんので、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました