塩釜水産物市場の「マイ海鮮丼」は超おススメなので楽しみ方を紹介!

塩釜水産市場の「マイ海鮮丼」は超おススメなので楽しみ方を紹介!食べる

塩釜市(正確には塩竈市)は宮城県の真ん中くらいにある市です。

仙台市の少し北側で、「鹽竈神社」(塩竈神社)で有名ですが、港町としても有名ですね。

なんでも、生マグロの水揚げ量では日本でも有数の港なのだそうです。

そんな塩釜の新鮮な海産物が集まるのが「塩釜水産物仲卸市場」。

一般のお客さんでも入れる、非常に賑わっている市場ですね。

この塩釜水産物仲卸市場で食べた「マイ海鮮丼」が超絶おススメなので、楽しみ方も含めて紹介したいと思って綴っています。

※この記事は2020年2月に書いています。本記事を参考にされる時には、記載時と変わっている事もあるかもしれませんので、有用性をご確認くださいますようお願い致します。

スポンサーリンク

塩釜水産物仲卸市場の「マイ海鮮丼」とは

塩釜水産市場の「マイ海鮮丼」とは

今回、松島への旅の途中で、朝ごはんを食べようと立ち寄った 塩釜水産物仲卸市場 。

実は「マイ海鮮丼」を知ったのは偶然だったのですが、これがメチャクチャ美味い。

そして、美味いだけでなく、楽しい、コスパ良い!と三拍子揃っていたと言うわけですよ。

そもそも「マイ海鮮丼って何?」って話なのですが、簡単に言えば「自分で作れるオリジナルの海鮮丼。

ご飯とみそ汁のセットだけで販売しているので、海鮮丼の具材は好きなものを買ってきて、自分だけのオンリーワンの海鮮丼を楽しめると言うわけですね。

どんな海鮮丼にしようか、具材選びも非常に楽しめるので、家族や友人、カップルで行くと、盛り上がること間違いなし!・・・食べすぎ&買い過ぎに注意が必要なくらいです。

マイ海鮮丼の楽しみ方

では、個人的なおすすめポイントも含めて、具体的なマイ海鮮丼の楽しみ方を紹介しますね。

①市場内で好きな具材を購入

塩釜水産市場のマイ海鮮丼の楽しみ方①

まずは、市場内を巡回して目当ての具材を探します。

だいたいどこの店舗でも「マイ海鮮丼用」として刺身や小分けでパック売りしてくれています。

マグロにブリにキンメにウニにイクラにエビにホタテにサーモン、それから生ガキ、ヒラメにイカにツブ貝、ホッキ貝、赤貝・・・はい。キリがありません。

塩釜水産市場のマイ海鮮丼の楽しみ方②

ポイントはお店によって、売っている具材の種類はもちろん、値段や量が異なること。

例えば買った後で「こっちで買えば良かった・・・」なんて事も良くあります。

なので、できれば一度、市場内を一周するくらいの余裕があった方が良いかも知れませんね。

塩釜水産市場のマイ海鮮丼の楽しみ方③

ただ、今回は土曜日の7時過ぎに訪問。

結構早い時間だったので、比較的一般のお客さんが少ない時間だったような気がします。

もしかしたら、時間帯がもう少し遅ければ、混んでいてそんな余裕はないかも知れません・・・。(混雑状況で判断すると良いかもですね。)

②6号売り場でご飯セット購入

6号売り場でご飯セット購入

具材を購入したら、「6号売場」に向かいます。

ここで「ご飯とお味噌汁」の「ご飯セット」を購入。

ちなみに

  • 並・・・400円
  • 大盛・・・500円
  • 特盛・・・600円
  • 酢飯にしたい場合・・・+50円

です。

塩釜水産市場のあら汁セット
ご飯の量「並」と数量限定の「あら汁」のセット(600円)

写真はお味噌汁が「マグロのあら汁」なのですが、これは数量限定(ご飯の量が並で600円でした)。

早い時間に行けば、残っている可能性は高いと思いますよ。

③買ってきた具材を好きに盛り付けて食べる!

ご飯セットを購入したら、買ってきた具材を盛り付けて完成!

塩釜の新鮮な海の幸を堪能しましょう!

ちなみに今回選んだ食材と金額は・・・

  • マグロの中落ち・・・250円
  • 寒ブリ・・・500円
  • 生ウニ・・・750円
  • エビ・・200円
  • ホタテ・・・300円
  • ご飯セット(数量限定のあら汁セット)・・・600円×2

と2人で合計で3,200円(全て税込)でしたよ。

マイ海鮮丼を楽しむときのポイント

とにかく、美味しい!楽しい!コスパ良し!でしたが、いくつか感じたこともあるので、書いときますね。

大満足だったのですが、できれば、もっと色々な種類の具材を食べたかったのは事実です。

ただ、食べきれなってしまうので、厳選して5種類に絞ったんですよね。

なので、もしかしたら3~4人くらいでシェアできると、かなり色々な種類の具材を楽しめるのではないかと。

また、前述の通り、2人で具材をシェアして一人当たり1,600円。

これも3~4人でシェアできると、更にコスパが良くなる気がします。

もちろん、2人だと駄目と言うことは全くなくて、充分楽しかったですし、堪能できますよ!

それから混雑状況。

今回、2月の中旬の土曜日。

市場に着いたのがAM7時過ぎくらいでした。

前述の通り、一般のお客さんはまだ少なかったので、ゆっくり市場内を散策できました。

塩釜水産市場の混雑状況

ただ、もしかしたら時間帯によっては、もっと混んでいると言うことは容易に想像できます。

なので、混雑状況によって、市場内の動き方も考えた方が良いかも知れませんね。

1号売り場から14号売り場まであるので、結構広い市場です。

市場内は結構広いですよ

「焼き」が好きな人は「自由焼炉」もある

今回はマイ海鮮丼を堪能しましたが、「焼き物」が良いと言う人には「自由焼炉」もありました。

こちらも、市場で買ってきた食材をそのまま焼いて楽しむことができます。

「焼き」が好きな人は「自由焼炉」もある

(100円の利用料が掛かります。)

「焼き」で食べたい人や「生」が苦手と言う人にはおすすめですね。

また、「マイ海鮮丼」や「自由焼炉」など、自分でやるのが面倒と言う人も居るかも知れません。

もちろん、普通の食事処もあるので、そんな方でも心配なく美味しい海鮮を楽しめますよ。

塩釜水産物仲卸市場へのアクセス

  • 住所:宮城県塩竈市新浜町一丁目20番74号
  • TEL:022-362-5518

車の場合なら、利府中ICから15分程度で到着します。

駐車スペースもたくさんありましたので、駐車場の心配も不要です。

マイ海鮮丼の定休日と営業時間

マイ海鮮丼の営業時間や定休日は以下の通りです。

  • 営業時間
    ・平日: 6:30~12:00
    ・土日祝: 6:30~13:00
  • 定休日:水曜日

平日は正午まで、土日祝は午後1時までですね。

ただ、できれば早めの時間に行くのがおススメです!

また、水曜の定休日は市場の定休日でもあります。

水曜以外でのイレギュラーの定休もあるかも知れないので、念のため市場のカレンダーをチェックしておくと良いと思います。

参考≫塩釜仲卸市場カレンダー

おわりに:塩釜の観光スポットとしてもおすすめ!

今回、塩釜水産物仲卸市場へは食事目的での訪問。

ただ、結果的には食事以上に楽しめました。

もちろん、ご飯は美味しくて胃袋は満足なのですが「マイ海鮮丼」は、ひとつのアトラクションとしても楽しめると思います。

市場も立派で、塩竈の観光スポットとしても立ち寄る価値はあると思いますよ。

近くに行く機会があれば、是非寄ってみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました