キャンプでクッカー(飯盒)を使って栗ご飯を作ってみた

キャンプでクッカー(飯盒)を使って栗ご飯を作ってみたキャンプ

夏の暑い時期が過ぎて秋になると、一気にキャンプがしやすくなりますね。

気温の問題もありますが、虫も減ります。

それから、美味しい「秋の味覚」が増えてくることもお気に入りの要因。

ひと言で秋の味覚と言っても、色々あるのですが・・・今回は

外で栗ご飯に挑戦してみたので、簡単に綴っておきます。

スポンサーリンク

キャンプで栗ご飯を作ろうと思った理由

キャンプで栗ご飯を作ろうと思った理由

キャンプは好きなので、年に何度も行くのですが・・・食事がマンネリになってきたなと感じたのがキッカケ。

たまには、普段作らない食事を作ってみようと思ったわけです。

どうせだったら、季節が感じられるメニューが良いなと思って「栗ご飯」に挑戦してみました。

それから・・・クッカーでご飯を炊くのはいつものこと。

「だったら、栗を入れて炊けば栗ご飯になるんじゃないの?」と安易な考えもあったのは事実ですけどね。

栗の下ごしらえ(皮むき)は事前にやっておくと楽

事前にネットでレシピを見ると、一番大変なのは下ごしらえ(皮むき)かなと。

現地(キャンプ場)でやっても良いのですが、今回は初めてなので事前にやっておくことに。

結果的には、キャンプ地での作業が非常に楽だったので、事前に準備しておいて正解かも知れません。

ただ・・・キャンプの時って、暇な時間がある事も多いですよね。

そんな時は、現地でゆっくり栗の皮むきからやると言うのも、楽しいかも知れませんね。

(意外と時間が掛かりますが)

と言うことで、下ごしらえの工程も記載しておきます。

まずは、軽く洗って、50度くらいのお湯に30分ほど浸けておきます。

こうすると、皮がやわらかくなって剥きやすくなるらしい。

ちなみに、水でも良いみたいですが、その場合は2時間以上浸けておいた方が良いそうです。

栗は、外側の「鬼皮」、その下に「渋皮」という二種類の皮があります。

外側の鬼皮は、「栗のお尻」の部分を包丁やナイフで落としてしまえば、手で剥けます。

その次に、渋皮を包丁で剥きます。

なので

  • お湯に30分くらい浸けて柔らかくする
  • 栗のお尻の部分をカットする
  • 鬼皮を手で剥く
  • 渋皮を包丁やナイフで剥く

と言う流れです。

栗の皮の剥き方

左から、鬼皮が付いている状態(お尻の部分をカット)。

真ん中が、鬼皮をむいて渋皮が付いている状態。

右が、渋皮を剥いた状態。

それから、皮をむいた栗は、すぐに水に浸けておきます。(アク抜きになるのと、変色防止になるみたいですね。)

皮をむいた栗は、すぐに水に浸けておきます
剥いた栗は水にさらしてアク抜き。

キャンプ場で皮むきをする場合には、全部の栗の皮むきが終わるまでの間、水に浸けておけば大丈夫だと思います。

今回は前日準備なので、1時間ほど水にさらして、水分をしっかり拭いて、ジップロックに入れて冷凍庫に。

翌朝、忘れずに持って行くようにします。

ちなみに、剥いた栗はあまり日持ちしないようです。

茨城の栗専門店のサイトに、詳しい保存方法が書いてあったので参考までに。

参考 ≫栗の保存方法(株式会社小田喜商店)

クッカー(飯盒)で栗ご飯を作る

さて、ここからはキャンプ場での作業。

キャンプ地でご飯を炊くのは、多くの人がやった事があると思います。

クッカー、飯盒、コッヘル・・・呼び方はそれぞれですが、野外用の調理器具を使うケースが多いですよね。

最近はメスティンも人気です。

私が普段使っているのが、スノーピーク(snow peak)のアルミクッカー。(チタンではなく、アルミの方)

トレック900と1400の両方を良く使います。

このクッカーの良い所は、スタッキング性に優れていて、価格も魅力的なところ。

スノーピークって結構高価なイメージがありますが・・・これは値段を気にせずガンガン使えます。(繰り返しですが、アルミの方です)

さて、栗ご飯ですが、お米2合。

モチ米とかを使うケースもありますが、今回は普通のお米。

軽くお米を研いだら、栗とお水を入れて30分くらい放置。浸水させます。

冬場は1時間くらい浸水させた方が良いのですが、今日はまだ10月なので30分で大丈夫でしょう。

栗とお水を入れて30分くらい浸水させます

ちなみに、クッカーでご飯を炊くときにお米の芯が残ってしまうのは、水が少なかったり浸水時間が足りなかったりする事が多いですね。

しっかり浸水させたら、後は普通にご飯を炊くのと同じ工程。

今回は、

  • お米2合
  • 水(普通は400mlくらいですが、栗があるので気持ち多め)
  • 塩小さじ1
  • 顆粒だし小さじ1

こんな感じでやってみました。

色々なレシピサイトを見ると、「白だし」や「だし昆布」とか「みりん&お酒」を入れているレシピもあったりします。

あとは好みで色々試してみるのも良いかも知れませんね。

炊きあがり後、しっかりと「蒸らし」の時間を取って・・・いざ蓋を開けてみたのが以下の写真。

ばっちり炊き上がっていました。

あとは盛り付けて、ゴマを振って・・・完成!

ご飯の炊きあがりも丁度良く。

栗はホクホクで完璧。

敢えて言うなら、若干薄味だったかな。(塩の加減?)

ただ、「敢えて言うなら」程度で、基本的には栗の味が良く感じられて、凄く美味しかったです!

キャンプで栗ご飯は難しくない

今回、はじめて野外で栗ご飯を作ってみたわけですが・・・思ったより簡単!と言うのが感想。

そして、美味しい。

ただ、今回は皮むきの下ごしらえを、前日に自宅でやっているのもポイントかも知れませんね。

キャンプ地で栗の皮むきをやろうとすると、少し時間が掛かるかも。

ただ、現地で栗を拾って、その場で皮むきもして・・・なんて言うのも趣がありますよね。

何より、手を掛ければその分美味しく感じると思います。

今後、秋のキャンプの定番メニューになりそうな気配・・・。

ちなみに、デザートは焼き芋でした。

それでは今回はここまで。

※本記事を参考にされる時には、記載時と変わっている事もあるかもしれませんので、有用性をご確認くださいますようお願い致します

コメント

タイトルとURLをコピーしました